PRIDEof11

PRIDEof11 子どものサッカーを応援し続けます。

2016.7.16 パルティーダTRM

2016.7.16 パルティーダTRM(生駒健民グランド)

f:id:selecao18th:20161123180623j:plain


15分ハーフ
第1試合 0-4
第2試合 0-1
第3試合 1-1
【感想】
6~4年生で編成。
3試合のTRMでした。
今日は、専任コーチがお休みのため監督の担当です。
いつもの3-3-1ではなく、4-2-1のシステム。
なかなか、選手たちは戸惑い機能しているとはいいがたい状態でしたが、時間がたつに合わせ徐々になじんで来たようです。
ただ、4-2-1のシステムで戦うには、スキル不足も感じました。
ダブルボランチの連携や、サイドの上がり下がりが重要になってくるシステムですが、まだまだ選手たちの理解度が低いです。
ただ、チーム全体としては機能しているところもあり、ボールを奪い決定機を何度か作り出していました。
このシステムについては、普段の練習時から相当作りこまないと機能させるのは難しいと思います。
なかなか、選手の人数も少なく、練習や試合にコンスタントに参加してくれいない現状では、やはり難しいのではと私は感じています。
それと、もう一つ大きな課題が。
選手一人ひとりのモチベーションというか気持ちの面で課題が多いです。
ミスを怖がり、すぐに他人任せにする。
ゴール前でこぼれ球を狙う。何としてでもゴールを決める。
そういった気持ちが非常に薄い。
見ていて、歯がゆいです。
アップ時の声出しも、小さくいてるのいてないのか、わからない。
サッカーというゲームを戦いに来ているのかどうか?
本当に、?の状態です。
日頃の練習時から気持ちを入れて頑張ってほしいと思います。
【今日のプレー】
ダブルボランチの一角を任されましたが、全然ダメ・・・・。
走らない、走れない、考えない、動かない。
言いたいことはいっぱいですが、今日はとにかくダメ!
その一言です。
目指しているものが違うのですから、自分で考え直してほしいです。このままでは現状でも厳しいと思います。
もっと厳しい世界を考えているのであれば、やるしかない。
考えよう!