PRIDEof11

PRIDEof11 子どものサッカーを応援し続けます。

2016.9.22 パルティーダTRM

2016.9.22 パルティーダTRM

生駒健民グランド
15分ハーフ(天候不良のため途中12分ハーフ)
【参加】パルティーダ・DMCJOY 計4試合

【感想】

U-12が終わり新チームへの移行も考えて、6~4年生で編成し3試合のTRMでした。
新チームでも2-4-1のシステムを採用。
TOP下とボランチの連携、サイドの上がり下がりが重要になってくるわけですが、なかなか難しい。
まずは、個々の選手の役割を理解させることと、以前にも書きましたが個々のスキルが決定的に不足しています。
普段の練習時から相当作りこまないと難しいと思いますが、逆にいうと作りこめばチャンスはあると思います。
選手の人数も少なく、練習や試合にコンスタントに参加してくれいない現状では、やはり難しいのは今まで通り。
そんな中、大きな収穫もありました。
GK候補の発掘。
以前から、U-10でその可能性を見出してはいたんですが、やはり可能性大です。
GKとして、基本的なことを相当覚えてもらう必要がありますが、とにかく声が出る。
反応がすばらしい。
これは、本当に大きな収穫です。

【今日のプレー】

言いたいことはいっぱいですが、今日はとにかくダメ!
本来のDFに戻ったにも関わらず、全てに甘い。
自分が最終ラインであることを理解していない。
フラフラと何の目的もなく、位置を変えてしまう。
ラインの上げ下げも理解できず、不用意にラインを上げて裏を取られる。
相手FWを背負ってしまい、FWの動きをとらえることができない。
自分の欠点を理解できていない。足が遅い、ならばどういうポジション取りが必要か考えてほしいし、考えるべき。
考えよう!