PRIDEof11

PRIDEof11 子どものサッカーを応援し続けます。

2017.10.7 TRM vs富雄FC

2017.10.7 TRM vs富雄FC
【場所】ホーム (5年生)15分2本(4年生)12分2本
【感想】
天候不良のため、予定されていた富雄FCさんとの合同練習&TRMの場所を急きょ変更してホームグランドでのTRMとなりました。
ようやく動き方がわかりだしてきた選手とまだまだボールに翻弄されている選手がいるように思います。
もう少し自分で判断できる、判断しようとする気持ちが欲しいと感じることが多かったです。
全体的には、積極的にゴールを狙う姿勢やテクニックとスピードを持った相手選手に食らいついていこうとする姿勢が見えたのは大きな収穫でした。
ただ、今日は急造グランドのためタッチラインが短いことに選手たちは気づいていたでしょうか?
タッチラインが短い、つまりゴールとゴールの間が短いということを。
必然的に1列目と2列目、2列目と3列目の間がコンパクトになりスペースが空きにくく、ボールを回しながらギャップを作り空いたスペースを使ってくる相手にはやりにくい状況が自然と生まれてきます。
いつもラインをコントロールしろ、上げろと言っているのは、これが理由です。
早く気づいて欲しいなあ。

【TRM後記】
振り返るには早いような気もしますが、そろそろ来年に向けたチーム作りを考えなければ・・・・・。
どうしても、人数の関係から3学年をひとつのグループにしたトレーニングとなるのですが、個人のスキルや体格の違いがどうしてもネックに。
個人のスキルの違いは仕方ないにしても、チーム内の紅白戦では、あたりが強すぎて怪我につながってしまい、どちらの選手にも練習にならず・・・・。
なので、試合になると、あたりの弱さに直面・・・・。
どうしたものか、思い切って全体練習を捨ててグループをスキル・体格で分けるか・・・・。
あたりの強い選手に制約事項を付加するか・・・・。

悩みどころです・・・・。

f:id:selecao18th:20171011115930j:image